ホーム > アート > 作家

アート [ 作家 ]

雅樂倶(がらく)のアート

雅樂倶を表現する作家

リバーリトリート雅樂倶には、現代美術の分野において大きな注目を集める作家が参加し構成した空間がございます。スイートルーム中庭、和彩膳所特別室など、それぞれの在処で、独創的な意匠と揺るぎない意図を 具現しております。出逢えば鮮やかな感動がわきあがり、旅の思い出に彩りを添えることでしょう。


『静謐』
内田 鋼一

作品の解説

『静謐』

静けさにあふれた凛とした空間は、作品が自身を強調しすぎない、けれどどこかゆるぎない存在感を持つ。空間を構成するものは、壁から突き出たL 字型の柱と巨大な球体、そして壁面に飾られた9枚の 陶板だけ。釉薬を使って鉄錆の質感をだし、彩りも濃い茶や黒など極めてシンプルだ。無機質な建築構造物を思わせつつも、内面にはあたたかさをしっとりと残している。柱や陶板の角が人為的な力によって創造されるもっとも単純な形である一方、球は人間以外の自然界がつくりうる原始的な形として表現されている。こうした両極の物質を同空間に配置することによって、静かなる生命の力を演出しているのだ。

略歴

1969年、愛知県名古屋市生まれ、三重県四日市市在住。愛知県立瀬戸窯業高校陶芸専攻科修了後、韓国を 皮切りに東南アジア、インド、西アフリカ、ヨーロッパを放浪し、陶芸の村で働きながら世界各地の様々な焼き物に触れ、見聞を広める。その間、四日市市の製陶所で賃引きの仕事もおこない、1992年に23歳で独立。 2000 年の東京国立近代美術館工芸館での「うつわをみる暮らしに息づく工芸」展をはじめ国内外で作品展を開き、2003年には三重県のPara mita M useu m で「UCHIDA K OUICHI」展を開催。雅樂倶でも2004 年に美術館、2010年にはお茶室にて、表現の異なる2度の個展を開催している。

主な作品

パラミタミュージアム 「coexistence.It t ies」「壺の道」


掘り出された「時」-24-2005
小川 待子

作品の解説

『掘り出された「時」-24-2005』

紅殻色の陶板が24 枚、同色の壁に整然と並べられている。陶板には様々な化石が描かれており、その1 枚1 枚が太古の生命を物語る。全体を貫くストーリーは現代の私たちに何を問いかけようとしているの だろうか。ここはレストランの特別室である。入口には筒の形をしたふたつの器が土に埋まったオブジェが配されている。題は「掘りだされた「時」-24-2005」。

器を作り続けてきた作者が大地と器の持っている永遠の時間を具体化しようと試みているように思われる。化石と器がつきつける時間の概念が、私たちを思索の世界に引き込む。

略歴

1946年、北海道札幌市生まれ、神奈川県湯河原町在住。東京芸術大学工芸科卒。1970 年、パリ滞在中、レコール・デ・メティエ・ダールや個人作家のアトリエで陶芸を学ぶ。1972年から3年半、西アフリカ各地で陶芸 を学ぶ。従来の陶器では否定されてきたひびや欠け、釉薬の縮れなど、マイナスの性質をいかした作品を特 徴とする。85年、東京・目白で初の個展。2010年、銀座の「阿曾美術」で個展。東京・虎ノ門の菊池寛 実記念館智美術館で「現代の茶 造形の自由」展に出品。

主な受賞

2001 年 日本陶磁協会賞
2007 年 芸術選奨文部科学大臣賞織部賞

主な作品の所蔵先

神奈川県立近代美術館 「2002-WA-BLUE 六」
サントリー美術館 「96-S-I ~ V」
東京国立近代美術館 「90U」


尖樹の森
加藤 委

作品の解説

『尖樹の森』

水晶の原石のような魂が、まるで大地から噴き出したように空に向かって突き上げる。その山の裾野には無数のかけらが散らばっている。
作者が得意とする青白磁を素材にして、鋭さやシャープさを演出してあまりあるが、作品を構成するパーツの一つひとつは型でつくるのではなく、作者が素手で成形したものである。作者がこれを樹木に見立てているのは、地表を突き破るほどの樹木のエネルギーをとおして、見る人に生きていることの証を感じとってもらいたかったのだろう。空間の壁にとりつけられた羽根のような形をしたパーツは何を暗示するのか。

略歴

1962 年、岐阜県多治見市生まれ。多治見市陶磁器意匠研究所を終了し、小田井窯絵付師として勤務後に独立。
1986 年、尼ヶ根古窯発掘調査に参加し、同窯の保存運動を展開する。1996 年、東京国立近代美術館「磁器の表現・90 年代の展開」出品。

1999年、韓国ソウル産業大学でワークショップ。シャープな造形の青白磁作品を持ち味とする。2002 年に岐阜県現代陶芸美術館「現代陶芸の100 年展」。2003 年に茨城県陶磁美術館「白磁・青磁の世界」展。
2006 年にはDai Ichi A rte(N Y) にて個展を行う。
2008 年、雅樂倶にて個展開催。

主な作品の所蔵先

愛知県陶磁資料館
京都新聞社
シカゴ美術館(シカゴ)
石川県立九谷技術研究所
ブルックリン美術館(ニューヨーク)
菊池寛実記念 智美術館
メアリー& ジャクソン・パーク財団(ニューヨーク)
岐阜県現代陶芸美術館


みどり
鯉江 良二

作品の解説

『みどり』

山あいに階段のように積み重なって広がる棚田。
作者はそこに農耕民族としての日本人のエネルギーを感じている。日本の農業の原点があり、民族的な底力、誇りまでも感じる。これを次の世代に残したいと思っているが、悲観的にならざるをえない作者
がいる。この作品は2 階からも俯瞰できる中庭に築山を焼き物で制作した。焼き物とはいえもともとは土である。その間に草や苔が侵入しやがて共生する。そこに小鳥が舞い込んできてもいい。焼き物の「みどり」と周辺の自然の緑がどのように絡んでみる人の目に映るのか。
それは作者にもわからない。

略歴

1938年、常滑焼で知られる愛知県常滑市生まれ。岐阜県恵那市在住。県立常滑高校卒業後、常滑市陶芸研究所入所。1962年、朝日現代陶芸展で第3 席に入賞し陶芸家を志す。1972年、バロリス国際ビエンナーレ展で国際名誉大賞。1989年、愛知県設楽町に移り、愛知県立芸術大学助教授に就任。スイス、韓国などで
ワークショップをおこなう。

主な受賞

2001年  第3 回織部賞
2005年  中日文化賞
2008年  「日本陶磁協会賞金賞」

主な作品

東京国立近代美術館 「のべ皿」
京都国立近代美術館 「土に還る」
山口県立美術館 「証言」
出光美術館 「風土の器」
アルゼンチン近代美術館 「土に還る」


出会い
清水 九兵衛

作品の解説

『出会い』

2000 年5 月のリバーリトリート雅樂倶開館と期を同じくして制作された作品。
アルミニウムをもちいた軽やかな色彩と意匠が滞在への期待をかきたてる。
「出会い」という名のごとく、エントランスで常に旅人を出迎え見送り、また、日々の喧騒から離れた空間で、癒し、感動など様々なものとの出会いが生まれることを静かに願う。

略歴

1922年、愛知県生まれ。1942年、名古屋高等工業学校(現名古屋工業大学)建築科を卒業。1953年、東京芸術大学鋳金科を卒業。1963年、京都市立芸術大学助教授。1968年、同大学教授。1969年から1970年までイタリアに滞在。1974年、第4 回須磨離宮公園現代彫刻展で神戸市教育委員会賞を受賞して以降、
1976 年に第17 回毎日芸術賞、1979年にヘンリー・ムーア大賞展優秀賞など数々の賞を受賞。1988年にはソウルオリンピック野外彫刻展を開催。1990年には紫綬褒章を受章。2006年、逝去。

主な受賞

1974年  第4回須磨離宮公園現代彫刻展神戸市教育委員会賞
1975年  第6回現代日本彫刻展毎日新聞社賞・東京国立近代美術館賞
1975年  第6回中原悌二郎賞優秀賞
1976年  第17回毎日芸術賞
1977年  第3回彫刻の森美術館大賞
1977年  第6回現代日本彫刻展群馬県立近代美術館賞
1979年  第1 回ヘンリー・ムーア大賞展優秀賞
1980年  第7 回須磨離宮公園現代彫刻大賞
1985年  第10回吉田五十八賞
1988年  京都府文化功労賞
1990年  紫綬褒章

主な作品の所蔵先

神戸市立六甲山牧場 「AFFINITY.D」
神戸市立森林植物園 「AFFINITY.L」
花と彫刻の道 「マスクA」
金沢美術工芸大学 「京空間C」
島根県立美術館 「語り合い」
兵庫陶芸美術館 「共存」


卓夫の目地
中村 卓夫

作品の解説

『卓夫の目地』

目地とは石やレンガを積んだり、タイルを張るときにできる継ぎ目のことである。目地はきわめて機能的なものであるが、デザインされた目地があってもおかしくない。リトリート前ホールの壁に張られたPC タイルに、器を目地に見立てて張り付けてみた。全体設計者である建築家・内藤廣氏とのコラボレーションである。焼きしめた茶褐色の肌に唐草や雲、青海波などが金彩や銀彩で象嵌された器。これを5cm幅の目地にするために作品を片っ端から切断する。自らの作品を切り裂くことは作者としては刺激的あり、「器をつかうということはこういうことなのだ」と器に対する新たな視点を発見した。

略歴

1945年、石川県金沢市生まれ、同市在住。父の2代・中村梅山のもとで作陶。1984年、イタリアに渡り、アルド・ ロンティーニに師事。2001 年、水指がニューヨークのメトロポリタン美術館の永久所蔵品に、2002年、金沢 21世紀美術館が作品を買上。2004 年、英国ウェッジウッド社とのコラボレーションによる「ジャパネスクシリー ズ」を制作。その作品の多くは焼きしめた茶褐色の肌に淋派風の美しい金彩や銀彩で象嵌される。 2004年にW EDGWOOD アートコレクション「ジャパネスク」シリーズ製作。2006年には 「大地の芸術祭越後 妻有アートトリエンナーレ2006」に出品。

 

主な作品の所蔵先

メトロポリタン美術館(ニューヨーク)
金沢21 世紀美術館


光柱
野田 雄一

作品の解説

『光柱』

ガラスという透明な素材を通過する光。これを使って、変幻する宇宙の昼と夜を表現できないだろうか。水は光に色彩をあたえ、プリズムは昼に虹をつくり、夜になるとオーロラを出現させる。地下にたくわえられた水が地表から噴出するように、光の柱は地球から生まれた命の躍動ではないのか。極大から極小までの摩訶不思議な宇宙を映し出し、それを小さな人間の私たちが肉眼で覗きこむことができるような、そんな装置をつくりたいと考えている。
ガラス、それは常に境界にあり、目には映らない光と影を意識している。

略歴

1955年、徳島県美馬郡木屋平(現美馬市穴吹町)生まれ、富山市在住。徳島大学入学、瀬戸内寂聴の私塾「寂聴塾」第1 期卒業後、東京ガラス工芸研究所卒業。富山市民大学講師、富山市ガラス造形研究所助教授を経て教授。高岡市出身の芥川賞作家・木崎さと子氏とビデオアート共作、富山市出身のノーベル化学賞受賞者・田中耕一氏への名誉市民賞副賞「宇宙卵」制作。

主な受賞

2001年  北日本新聞文化省芸術選奨
2004年  北日本美術大賞展大賞
2005年  北日本美術大賞展大賞
2007年  第4 回円空大賞展・円空賞受賞

主な作品の所蔵先

富山市総合体育館「虹を追う人」
荒川緑地公園 「∞(無限大)内と外」
オーバードホール 「記憶のファンタジー」


時に佇む
畠山 耕治

作品の解説

『時に佇む』

青銅と水をテーマに空間を構成した。
作品名にあるように庭に面して宿泊者が佇むとき、時間と空間のゆらぎを感じさせたい。目の前にあるのは水盤をとりかこむように敷き詰められた石の群生、苔むした庭。荒れ果てた古寺に突然やってきたのかと錯覚するような「はっ」とする宗教的な心のワープを引き起こす。ここでは宿泊者の行為も作品の一部なのだ。だから庭を眺めているだけでなく、作品に触れようが腰掛けようが一向にかまわない。
むしろ、作者はそれを望んでいる。
「素材には意識が宿っており、すべてのものと関係している」と考えるからである。

略歴

1956年、富山県高岡市生まれ。同市在住。金沢美術工芸大学工芸科鋳金専攻卒。
日本、米国、欧州各国で作品を発表。1995年、ヴィクトリア&アルバート美術館作品買上。
金属を中心とした造形活動のほか、環境とも深く関わっている。1999年、東京国立近代美術館、2001年、金沢21世紀美術館、フィラデルフィア美術館が作品を買上。

主な受賞

2000年  タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞
2002年  第三回佐野ルネッサンス鋳金展 第一部門 奨励賞
2007年  第4 回 佐野ルネッサンス鋳金展 大賞

主な作品の所蔵先

ヴィクトリア&アルバート美術館(イギリス)
東京国立近代美術館
フィラデルフィア美術館(アメリカ)
バーミンガム美術館(イギリス)
スコットランド王立美術館(イギリス)
アバディーン美術館(イギリス)
金沢21 世紀美術館
高岡市美術館
菊池寛実記念智美術館


悠久
藤井 武

作品の解説

『悠久』

神通川が満々たる水をたたえて流れている。だが、この色調の暗さは何を意味するのだろうか。色彩が少ないからといって見る側は暗いと感じるのは自由だが、作者は暗さのなかにも対極として光を感じている。それは水がもたらしてくれる生命の歓びであり、水が循環してまた水に戻っていく大自然の神秘の営みなのかもしれない。作者の目は川を描くことによって自己の内面に注がれており、生きとし生けるものの生と死のテーマを真剣に考えているのにちがいない。神が通るという大河の流れを前にして、魂の世界を見つめつづける画家は、悠久の時間のなかに深くて重い人間の存在とは何かを問いかけている。

略歴

1952年、富山県立山町生まれ、同県富山市在住。関西学院大学法学部、武蔵野美術短大卒。
1983年、文化庁芸術家国内研修で洋画家・宮崎進氏に師事。1994 年、第28 回文化庁現代美術選抜展招待、
2000年、ウラジオストクビエンナーレ美術展招待。

主な受賞

1982年  第59 回春陽展春陽会新人賞
1989年  北日本新聞美術賞
1995年  第72 回春陽展中川一政賞


雅樂倶門
松田 文平

作品の解説

『雅樂倶門』

雅樂倶に入る門である。門とは何か。神聖な境界線であろうと作者は考える。
そして、門はパーティションとしての機能性と同時に、シンボルとしての精神性もあわせ持つ。神社の鳥居がそうであるようにその先には非日常の世界が存在し、人は門をくぐる瞬間、内と外では空気が一変することを肌で知り、畏れにも似た心の高まりを感じる。この不思議な存在を作者はどっしりとした黒御影石で構築した。外壁はノミではつられ、原石にちかい風合い。原石は門を通り抜ける空気を吸い込み、門という実在はやがて空間にとけこむだろう。境界が境界でなくなり、日常と非日常の区別もつかないままに門は雅樂倶へと誘う。

略歴

1959年、富山県富山市生まれ、茨城県石岡市八郷大塚在住。武蔵野美術大学実技専修科油絵専攻卒業後、ミュンヘン国立大学レオ・コロンブスト教室を主席で卒業、石彫刻活動に入る。1991年、グルジア国際石彫シンポジウム招待、1995年、北日本美術選抜展招待出品。
1998年から茨城県の雨引きの里と彫刻展に参加するなど、国内外での個展、グループ展、ワークショップで活躍。アトリエ「ウンターベルグ」代表。

主な受賞

1990 年 空間造形富山大賞